トイレトレーニングは「子どもを信じるちから」がヒント

こんにちは。

保育士の杉浦です。


関東では久しぶりに雨が降りましたが、
今日は気持ちがいい日ですね。。


ご家族みなさん、お元気でお過ごしですか。

小学校の前を通ったら、

「フレーーー! フレーーー!」

小学生の応援練習の声で、
背筋が伸びとても元気をもらいました。

小学生ありがとう!!

先週末の夜、甥っ子を預かりました。


車から降りて、一目散に家の中に入っていった
笑顔の甥っ子とは対照的に・・・
車から降りた妹の顔の心配そうなこと。

「家から出る時、うんち出たくなったらどうしようって言ってたんだよね。

言うんだよーって言ったけど、言えるかなー。

どうしよう。もう一度言ってこようかな?」


家に入りそうになった妹でしたが、


「大丈夫だから、いっらっしゃい(^^)」


と見送りました。


親が心配していた甥っ子。


次女と元気に遊び回り、夕飯時。

「トイレいってくる」とトイレの方へ。

「一緒に行く?」


「だいじょぶだからーこないでー。」


鍵閉めてトイレに入りました。


いつでも呼んだらいけるように、

トイレの前にスタンバイしていたのですが。

トイレから出てきた甥っ子、


「なにー?トイレはいるのー?どーぞ。いーよ。」と、


ちゃんとズボンもあげて出てきました。


「上手にズボンもはいたねー」


「ボクできるもーん」


照れ笑いで、

この日は全く困る様子はありませんでした。

「うんち言えなかったらどうしよう」


と心配があったけれど、


「いこう!」と思った甥っ子と、

「言えずに困っていたらどうしよう。」と不安があったけれど、


私に任せようと思った妹。

二人に拍手!!でした。


人は本来、その場の状況で、

考える力、対応力を持っているものです。


でも、不安や心配が先にたってしまうことも多いです。

それを乗り越え、子どもを信じて任せる。


信じて任せたことで、

考える力、対応力を子どもが持っていることを体験し、


その体験を通して、

「自分もできる」

「こんな時はこうすればいいんだ」と

自分で考える力、対応力が養っていきます。

子ども自身もチカラを発揮できたことで

自信をもてるようになってきます。

お母さんも最初は、

子どもがいつまでたっても、危なっかしいような気がする。


子どもの力や判断を信じるのは、

難しい勇気のいることと思う。

しかし、子どもの自立に向けて、

思い切って子どもに任せてみるという姿勢をとることで、

「えっ!そんな風にできたの!!」

とびっくりするような子どもの成長を姿を

知ることができます。

迎えに来た妹に、家での様子を話すると、

「えーー!!びっくり!」


と目を見開いていましたが、

ホッとしたような嬉しいような笑顔で

甥っ子のほっぺを触っていました^^


私、杉浦から、トイレトレーニングの効果的な進め方がもっとよくわかる
無料のメルマガをお送りしています。

こちらのリンクから今すぐお読みいただけます。
トイレトレーニングのNGワードや笑顔の子育ての極意もお伝えしていますので良かったらお読みください♪

「なるほど」「参考になった」という、あなたへ

「いいね!」やシェア、コメントお願いします。

あわせて読みたい~人気・おすすめ記事