子どもの目線になると見えてくるもの

こんにちは。

保育士の杉浦です。

今日は、暖かい日ですね。でも、こんな日に限って朝晩冷えこみますので、ご家族みなさん。

お身体を大事になさってくださいね(^^)

ご縁が広がっています


この頃、新しい方とご縁をいただくことが多いです。

お話を聞き色々な刺激をもらっています。

目からウロコが落ちるようなお話、聞いた事もないようなお話、

色々な考え方を持っている方と話をしているうちに

共通点を感じられると嬉しくなります(^o^)

先日は、元保育士さんとお話しする機会がありました。

「子どもと遊ぶことが大好きなんです。」

と目尻を下げながら話している元保育士さん。


保育現場で子どもと遊ぶ姿を一緒にイメージしているのが感じられて、

とても嬉しくなりました。


「初めまして」は、とても緊張するものですが、

自分から自分のことを少しずつ話すうちに、

相手のことも知り、安心できたりしますよね(^^)

子どもの目線になると・・・

預かり保育で3回ほどお会いした4歳の男の子、Yくん。

先日は4回目の保育の日でした。


遊んでいたお友達が全員帰って、

Yくんと私、二人きりになったときの事です。


Yくんが遊ぶ手を休めて言いました。


Yくん「あーあー。なんで今日もまた先生なの?」


私「違う先生が良かったかな?」


Yくん「そうじゃないんだけどさあーーー」

私のことは嫌なのかな。楽しくないのかなと

正直、ぐさっと胸につきささるようにショックに感じました。


気持ちが動いたときには、視点の切り替えが大切。

自分の視点になってしまっているんです。

Yくんの視点に切り替えたところ・・・

Yくんが、どうして、そんなことを言ったのかを考えてみました。

こんな気持ちのはず。


・お友達が帰って寂しい。

・何をして遊んだらいいのか分からない。

・自分もお家に帰りたい。

今までお友達が「○○してあそぼう!」と声かけてくれて、

にぎやかにワイワイ楽しかったお部屋が、

二人だけの静かな部屋の中。


遊びにも集中が出来なくなって、

お友達が恋しくなり、お母さんが恋しくなったのでしょう。


子どもは、相手がどう思うだろう、こんなことを言ったら傷つくかもと、

相手の気持ちなって考えることは、まだまだできません。


自分の思っている気持ちとは違う言葉で

表現するしかできないこともあります。


目の前で「嫌い!」と言った人が

本当に嫌いかと言ったらそうでなく、


表現する言葉がまだ少ない子どもですので、

「なんてことを言うんだろう」

「そんな事を言ったら、相手に悪い!」と

ヒヤヒヤさせられ、

お母さん自身が傷つくことがあるかもしれません。


でも、聞いた言葉をそのまま受けって、

「そんなこと言うもんじゃない!」

「ばかなこと言わない」

「ママだって嫌い!」

とぶつかってしまわずに、


子どもの気持ちになって、子どもの気持ちを代弁してみてください。

「こんな時はこう言ったらいいんだ」と、

子どもの言葉の表現も広がっていきます。

「あーあ」とがっかり気味のYくん。


私「みんな帰っちゃって、お部屋の中が静かになって寂しいよね。」


私がつぶやいたら、


Yくん「うん。遊んでも楽しくない。お母さん早くお迎えに来ないかなー」


私「もう少しで来る時間だね。じゃあお迎えに来るまで、ミニカーで遊ぼう!

このブロックまで走れたら、10点、この遠くまでミニカーが走れたら100点だよー」


ワクワク楽しい気持ちが復活♪


Yくん「あっ!じゃあ、ここまでこれたら、えーとえーと1点!じゃなくてもっといっぱいのー」


私「1000点?」


Yくん「そう!1000点!!」


さっきまで時計と外を見ていたYくんは、

時間も忘れてミニカー遊びに夢中になりました^^


「お家に帰りたいー」と肩を落としたYくんの姿を見たときは、

内心、すこしヒヤヒヤしましたが、

笑顔で遊ぶYくんを見て、ホッとして嬉しくなりました。


そうしているうちにお母さんがお迎えにきました。


Yくん「まだ帰らない!」


お母さんが来ても、20分くらい遊んでました。


私「友達がかえって少し寂しかったようですが、ミニカーで遊んで楽しんでましたよ」


お母さん「そうでしたか(^^)ありがとうございます。 また先生と遊んでもらおうね」


Yくん「またあそぼうね!!」


私「Yくん、ばいばーい!」


ハイタッチしてお別れしたのでした(^o^)

元気なハイタッチにYくんが、肩を落としたまま帰ることにならずにすんで本当によかった。

力強いハイタッチでジンジンしている手に温もりも感じて元気をもらいました。

Yくん、元気をくれてありがとう!!


私、杉浦から、トイレトレーニングの効果的な進め方がもっとよくわかる
無料のメルマガをお送りしています。

こちらのリンクから今すぐお読みいただけます。
トイレトレーニングのNGワードや笑顔の子育ての極意もお伝えしていますので良かったらお読みください♪

「なるほど」「参考になった」という、あなたへ

「いいね!」やシェア、コメントお願いします。

あわせて読みたい~人気・おすすめ記事