ウンチのトイレトレーニング方法


こんにちは、おむつはずし専門保育士の杉浦です。

「杉浦さん、どーしてもトイレでウンチができないんです」

メール講座をお読みのママさんから、
こんなご相談をお受けすることが多いです。

保育園の現場での経験や日々ご相談をお受けしているなかで、
トイレでウンチできない理由は8つにしぼられる事がわかりました。

ウンチがトイレでできない原因

その8つの理由とは?

1.うんちに対してよい印象がなく、便意を感じると緊張感を持ってしまい、
  安心できる自分の場所、オムツ・紙パンツへ依存する。

2.ウンチ=汚れる  と感じて、便座でお尻をだすと、
  洋服も体も全部汚れてしまうように感じる。

3.洋服を脱ぐことで不安感が出る。

4.便座の水、また音、トイレが怖い。

・・・と8つまで続くのですが、その中から、
ここでは、4番目の「便座の水、また音、トイレが怖い」ときの事をお話いたします。

トイレが怖いときの対処法

「トイレが怖いなんてあるの?」

あなたは、こうお思いかもしれませんね。
でも、実際トイレが怖いと感じる子どもは多いです。

大人の感覚ですと トイレ=怖い にはなりませんが、
子どもの目線、感覚だと便座の穴や水が怖かったりします。
あと、トイレのシャワーや送風の機械音も。

便座の穴や水を怖がる子どもには、自分でトイレットペーパーをとってもらい、
穴や水が見えないようすると怖さが少なくなることがあります。

子どもが自分ですることで、
「大丈夫なんだ」と確信もできるようになることが大切です。

あと、お出かけ先のトイレ等は機械音が沢山聞こえる時がありますよね。
手を乾かす機械。便座に座るとウイーンと音がする。

このようなことに恐怖心を感じる子どもは、トイレに入るだけで戸惑い、
自分のペースを崩してしまうことがあります。
緊張感も高まり、リラックスできなくなってしまうんですね。

あなたは、この時は恐怖に同調することなく、

「大丈夫だよ。耳に手をあててみよう。
 手がね耳のこと、○○ちゃんのこと守ってくれるよ」

と安心できるよう言葉をかけてあげてくださいね。


私、杉浦から、トイレトレーニングの効果的な進め方がもっとよくわかる
無料のメルマガをお送りしています。

こちらのリンクから今すぐお読みいただけます。
トイレトレーニングのNGワードや笑顔の子育ての極意もお伝えしていますので良かったらお読みください♪

「なるほど」「参考になった」という、あなたへ

「いいね!」やシェア、コメントお願いします。

あわせて読みたい~人気・おすすめ記事