トイレに行かない子どもにどのように接したらよいか

保育士の杉浦です。

今日は、比較的過ごしやすい気候ですね(^^)

ご家族みなさん、お元気でお過ごしですか。

今日、娘さんが幼稚園にご入園されたSさんから、
トイレに行こうとしないし、

「どのように子どもに接したらよいか分からなくなった」
というご相談がありました。

娘さんは、入園前は、トイレに座ることもイヤ。

たまにトイレに座ってくれても、出る前に「降りる」。


なかなかそこから進まずに、
Sさんは悩んでいました。


「子どものペースに合わせて見てあげなくてはと思っているのですが、
行かないって言うと、焦ってしまいます」


「トイレに座ってくれるだけでもいいかと思っても、
座ったら出るだろうと期待してしまって、、反省の毎日です。」


Sさんは、母親や姉妹からも、

「あら、まだオムツしてるの?早くトイレでしないと」などと

悩みが増えるような言葉を言われて、

自信をなくしてしまっているようでした。

以前、イライラが大きくなって強く怒ってしまってしまったとき、
娘さんが不安定になってしまったことがあるそうです。


Sさんも、どのようにお子さんに接したらよいのか、
わからなくなっていました。

怒ってしまったらどうしよう・・・

親として自信をなくし怖さを感じているようでした。


でも、お話をお聞きすると。


いつも娘さんを見守っていて、

素晴らしい対応ができているんです。


「反省」という言葉が出てきましたが、
反省しているということは、
自分が娘さんにいたらない部分があると感じていて、

もっと娘さんにとって、
「いいお母さんでいたい」という気持ちを持っている
素敵なお母さんなんです。


トイレトレーニングのアドバイスよりも
私は、Sさんに自信を持ってもらいたいと感じて
お話させていただきました。


そうすると、見る見るうちにSさんが変わってきました。


「○○だった時に、こうしてみました」

「子どもが怖がっている時に、こんな言葉をかけました」


少し前なら、「どう接したらよいのか分からないです」と、
娘さんへの対応にもびくびくしてしまっていたSさんが、
迷うことなく娘さんに関わることができてきたのです。

 

不思議ですね。

 

Sさんの自信が、娘さんにも伝染するように、
娘さんから、


「私、パンツはく!」

「トイレに行く!」と

言ってくれるようになったのです。


まだトイレに座ると、怖い不安な気持ちがふっと出てきて、
「降りる(便座から)」ということもあるそうですが、
何度かトイレでもおしっこもできたそうです^^


娘さんの成長していく様子をお聞きすることも、
私もバンザイしたくなるくらい嬉しかったのです。


母親や姉妹から言われた言葉を気にされていたお母さんが、
「私は私。娘は娘。私らしく娘らしくしていきたい」と、
自分を信じて、娘さんの成長を信じて、

トイレトレーニングを進めている姿に、
私自身が勇気づけられました!!


私、杉浦から、トイレトレーニングの効果的な進め方がもっとよくわかる
無料のメルマガをお送りしています。

こちらのリンクから今すぐお読みいただけます。
トイレトレーニングのNGワードや笑顔の子育ての極意もお伝えしていますので良かったらお読みください♪

「なるほど」「参考になった」という、あなたへ

「いいね!」やシェア、コメントお願いします。

あわせて読みたい~人気・おすすめ記事