トイレトレーニングに適した時期

こんにちは、おむつはずし専門保育士の杉浦です。

今回は「トイレトレーニングを始める時期」というお話をいたします。


トイレトレーニングは、子どもの成長、季節などタイミングを見計らって
布パンツに替えて進めてゆくことが大切です。

たとえば、子どものオシッコの間隔が短いと誘ってもトイレまで
間に合わないことが目立ったり、

失敗の回数も多くなってくると「濡らされては大変!」と必要以上に神経質になり
頻繁にトイレに誘うこともあるでしょう。

すると子どもは自分のペースを中断されるので「イヤ!」と
トイレを頑なに拒む事が続いたり、逆にトイレに行きたい感覚が
わからなくなってしまうこともあります。

一生懸命なほど「こんなに頑張っているのにどうして!」と
うまく進まないことにイライラしてしまいますよね。

トイレトレーニングに適した季節

実は“布パンツに切り替えるには適した季節”があります。

布パンツにすれば、すぐトイレで成功!というわけではないので
「お着替え」のことを考えるとできれば洗濯物を少なくしたいと思うものですよね。

子どもが服をぬらしたり、汚したりするのは仕方ないと思っていても、
積み上げられる洗濯物の量に比例して、イライラもつのるばかり・・・。

そして罪のない子どもにあたってしまったり。
そうなってくるとなんのためのトレーニングかわからなくなってきますよね。

秋・冬はよほど家全体を暖めていれば、
布パンツ1枚でも子どもが寒い思いすることはありませんが、
一日中同じ温度を保つことは難しいですし、親もかなり神経をつかいます。

ですので、親も子も負担なく心地よく布パンツをはける季節は“春”なのです。

この季節なら布パンツだけ、または、だいたいは薄着で過ごせます。
お天気の日も多くなり洗濯物も乾きやすいですよね。

トイレトレーニングは夏がいい?

「それなら夏が一番いいじゃない?・・・」と思われますよね。

暑い夏は、薄着になりますし、トイレも寒くないので、トイレトレーニングは良い季節ですが、夏ですと「寒い時期が来る前に取らなければ!」と
「夏に外そう」とより意識してしまうので焦りにつながることも。

子どもは、親の焦り、イライラ等を敏感に感じ取ってしまいます。
そうなってくると親と子との戦い。
そして悪循環ということになりかねません。

失敗の回数も多くなってくると、「濡らされては大変!」と
必要以上に神経質になり頻繁にトイレに誘いすぎることで
子ども自身が本当にでたい時が分からなくなってきてしまいます。

夏にオムツを外さなければという焦り

そこから、失敗、焦り、イライラというものが生じてきてしまいます。
でも春ならゆっくり経過を見ながらできるのです。

布パンツにおしっこをするうち、子どもはおしっこの感覚をつかんできます。

また、定期的にトイレに座ることで
「ここ(トイレ)がおしっこ・ウンチをする場所なんだ~」とわかってきます。

春にトレーニングをはじめたときには、子どもがオシッコの感覚を身につけて
過ごしやすい夏が到来。親も子も夏って開放感を感じることができますよね。

「濡らそうが汚そうがいいよー。」って気持ちになるのですね。

見落とされることが多いですが、そんな、親のゆとり = 子のゆとり が
子どもに伝わり、トイレトレーニングには大きく影響してくるものなのですよ(^-^)


私、杉浦から、トイレトレーニングの効果的な進め方がもっとよくわかる
無料のメルマガをお送りしています。

こちらのリンクから今すぐお読みいただけます。
トイレトレーニングのNGワードや笑顔の子育ての極意もお伝えしていますので良かったらお読みください♪

「なるほど」「参考になった」という、あなたへ

「いいね!」やシェア、コメントお願いします。

あわせて読みたい~人気・おすすめ記事