うんちはおむつじゃないと嫌

こんにちは。保育士の杉浦です。

やっと秋らしくなり、過ごしやすくなってきましたね。

朝晩は少し冷えるので、ご家族みなさん、
くれぐれも体調を崩されないようにしてくださいね(^o^)


この頃、風が心地よく感じられる瞬間があります。

先日、清水(湧水)を汲みに出かけた時、
「風が気持ちが良いなあ」と思っていると、

「こんにちは」と小さな声が傍から聞こえてきました。


車からお母さんと降りてきた女の子が、
にっこり笑ってこちらを見ていたのですが、
女の子しか目に入らず一瞬、妖精に出会ったかのように、

爽やかな気持ちになりました。

4歳3ヶ月、こう君とのお話。

今日は、4歳3ヶ月、こう君とのお話。


保育させて頂いたこう君は、元気いっぱいの男の子です。


「先生の靴はここに置いておくからね」

「ボクがブロック持ってくるよ。力持ちだから」

と頼もしいこう君。


ある時、

「先生だけに教えてあげるね。ボク、うんちはおむつじゃないと嫌なんだよ」と
小さな声で話してくれました。


「そっかあ。いやなこと教えてくれてありがとう」


と話していたのですが、おもちゃのピアノを「ボロンポロン」とならして、


「発表会ですよ。ちょっと待って。本持ってくるからね」

絵本コーナーから絵本を持って、ピアノの前に置いて発表会が始まりました。


最初に持ってきた絵本は、「ぐりとぐら」

めくりながら、ぐりとぐらの物語をピアノ演奏をしてくれました。


「はい次の曲を持ってきますよ」


次に持ってきてくれた絵本が、


【ひとりでうんちできるかな】


「ことりのピーちゃんがうーんうーん・・・だいじょうぶかな」

「まあちっちゃいうんち」でピアノをポロン。


「かいじゅうさんがうーんうーん・・・どんなうんちかな」


「わあー!でっかいうんち」で、ピアノをボーン。


とても楽しそうにピアノをならしていると、

ピアノをならしながら、


「ボクはね、おむつでするけどね、でもね、
うんちするのは嫌いじゃないんだよ。うんちするのは好きなんだよ。

嫌いじゃないけど好きじゃない。すきじゃないけど嫌いじゃない。
だからトイレでうんちできる時もあるー」


と歌うように聞かせてくれました。


子どもの、できるようになりたいでもできるかな。

できなかったらどうしよう。でもできるようになりたい。


そんな揺れる心の気持ちを聞けたように思いました。


心は一日の中でも何度も揺れ続けます。

それが何日も何ヶ月も続くことがあります。


大人から見たら、「どっちなの」「どうしたいの?」と

振り回されているように思うかもしれません。


しかし、子どもは何度も何度も心揺れながら、嫌い・苦手な気持ちを減らしていっているのです。


目の前の子どもが、「できないよー」「したくない」と拒み泣いたとしても、

子どもの心の中には、「できるようになりたい」「絶対にできるから」という

気持ちもしっかり持っています。


どんな時にその気持ちが、ぱっと溢れてくるか。

その瞬間がきっとあります。

あなたがそれを感じられるときは必ずあります。


私、杉浦から、トイレトレーニングの効果的な進め方がもっとよくわかる
無料のメルマガをお送りしています。

こちらのリンクから今すぐお読みいただけます。
トイレトレーニングのNGワードや笑顔の子育ての極意もお伝えしていますので良かったらお読みください♪

「なるほど」「参考になった」という、あなたへ

「いいね!」やシェア、コメントお願いします。

あわせて読みたい~人気・おすすめ記事