ウルトラマン好きのO君のトイレトレーニング

こんにちは。

先日までスイカが食べたくて食べたくて、
スーパーに行くとスイカが目に入ってきたのですが、
最近は梨が輝いて見える杉浦です(^^)


先日、一時保育で一緒に遊んだ4歳のO君。

ウルトラマンが大好き男の子で、

「ウルトラティガは、イーヴィルショット、イーヴィルビーム?で、

変身はスパークレンス?を持って・・・」


ずっとウルトラマンの話を興奮してお話してくれました。


私には、カタカナばかりが出てきて、「日本語なの?」と、

頭がついていきませんでしたが


O君が「戦いごっこしよう」というので、

ブロックで怪獣らしきものを作り、怪獣役をしました。


きっとO君は、

「なんだこの怪獣は??そんな怪獣いたかなー」と

不思議に思ったことでしょう。

戦いの途中、時々O君は笑い出していました。


男の子の好きなキャラクターももう少し覚えないといけませんね(^^)


そのO君、おやつの時間になったので、

「おやつ食べる前にトイレ行く?」と聞くと、

「大丈夫!お家でしたから!」と、

おやつの準備を始めました。

「このおやつ好きだよ。お家でもね・・・」

「あのねボクね」

と楽しくお話して、おやつタイムにして10分も経たない時に、

突然

「おしっこ!」「おしっこ出ちゃう!」

「大丈夫だよ。ちかくにあるからね。」と、

慌てずでも急いでトイレに行きました。


私「さっき、大丈夫だったけど、出たくなっちゃったんだね」

O君「そうなんだよー。急に出たくなっちゃったあ」

幼児期は、こういう事は珍しいことではありません。

子どもの頃は、我慢する力がまだ発達段階でもあり、

また、膀胱がいっぱいだよーと脳に伝達が行ったとしても、

目の前のことに集中していると、トイレに行くことに意識がいかずに、

少しおしっこがパンツに出たことで、

「あっ!出たい。出ちゃう」と、そこで初めて、

「トイレ」と感じることがあるのです。


でもその時は間に合わなかったり、すこしちびってしまったり。


お子さんのパンツを確認されたとき、

「パンツにいつもちびってる。」

「トイレに行く気がないのかな・・・?」と、心配したり

「またちびったのに言わないで」

と注意をしたくなるかもしれませんが、

少し出たとしても、そこで我慢してトイレに行けたことに注目してくださいね。


「すごいね。出たくなっちゃったけどピッて止めて、

トイレに行ったんだねー。」など、


お母さんの余裕を持った温かい言葉、その根っこにある気持ちがあると

子どもの気持ちの余裕、自信が積み重なっていきます。

すると、だんだんとおしっこを貯める、

我慢する力がついてきてくれますよ。


私、杉浦から、トイレトレーニングの効果的な進め方がもっとよくわかる
無料のメルマガをお送りしています。

こちらのリンクから今すぐお読みいただけます。
トイレトレーニングのNGワードや笑顔の子育ての極意もお伝えしていますので良かったらお読みください♪

「なるほど」「参考になった」という、あなたへ

「いいね!」やシェア、コメントお願いします。

あわせて読みたい~人気・おすすめ記事