トイレトレーニングと子どもの言葉

こんにちは、保育士の杉浦しずくです。

まだ暑い日が続きますね。

普段、エアコンを使わないほうなのですが、


今年の暑さ、湿度の高さに体がついていけずに、
さすがにエアコンをつける日があります。


ご家族みなさん、まだまだ暑いので、
夏バテ、熱中症などお気を付けくださいね。

それに今は台風も心配ですね。

さて、今日は、幼児期の言葉について。

最近の甥っ子の口癖は、

「鼻くそ」


昨日も車の中で、

「ここはどこ?」と言うので、

「海の近くだよ」と答えると、

「鼻くその近くなんだー」

「何して遊んでるの?」

「鼻くそだよ」


眠気ピーク時には、

「鼻くそ鼻くそはっなっくそ~!!」と連発しながら

撃沈していました。

幼児期は、

鼻くそのほかに、

おしっこ、ちんちん、お尻、うんち

などの言葉を子どもは使いたがりますよね。


親から見たら、

「そんな下品なことを、園やよその人の前で言わないだろうか」

「どんなしつけをしているんだろうと思われないだろうか」

と心配になってしまうでしょう。


ですが、幼児期にこれらの言葉が出るのは、全く問題のないこと。


これらの言葉を使うと、皆が注目し、笑ったなどの嬉しさから、

注目を浴びたい時や笑って場を盛り上げたい気持ちで

こういう言葉を何度も言うことがあります。


そんな風に注目されているお友達を見て真似したいな。

自分もそうなってみたいなって、

挑戦の気分で言うこともあります。


それから、

言葉にすると、ストレス発散のようにすっきりしたり、元気が出たりするので、

遊びが見つからない時やなんだかわからないけどもやもやする時、

何か言いたいけど何言いたいのかわからない時などにも、

自然と口にしたくなることがあります。


子どもにとって、

「悪い言葉」というよりもむしろ憧れのような、キラキラ言葉だったりするのです。

特に男の子に多いですね。

目の前で、「お尻~!」と連発しているのを見ると、

強く叱りたくもなるかもしれませんが、

否定する言葉は言わないでくださいね。


子どもにとって、「おしっこもうんちも自分の友達のような親しい感覚」です。

「おしっこ、うんち言わないの。汚い!」

と注意してしまうと、

自分のことを否定されたように悲しい気持ち、辛い気持ちになるのです。

もし言わないようにしてほしいと思ったら、

ふざけて言っている時には、

見ざる聞かざる言わざる。


自然に流していたら、

「お母さん興味ないんだなあ」で、自然と言う事もなくなってきます。


大事な場面、言ってほしくない場面では、

「今は○○の時。そういうことは言ってはいけない。」

と凛として伝えること。


トイレトレーニング中にこのような言葉を言っていても、

トイレでおしっこ、うんちすることには、消極的になっていて、

「あんなに言っているのに!」と思うこともあるでしょう。


そんなとき、

「いつも言っているのに、なんでトイレでできないのー」ではなくて、

一緒に、「お尻ー」「うんちー」と楽しんでみるのも、

時にはいいかもしれませんね。


子どもは気持ちが発散されて、不安解消になることがあります。


ずっと続くことはありません。


「はっなっくそ~」の甥っ子ちゃん。

ただ今、鼻がつまって大変な時。

もしかしたら、つまっている不快な気持ちを、

「鼻くそ!」と言って発散させているのかもしれませんね。

 

「おい!鼻くそ!」と私を呼んだ時は、

さすがに妹がびしっと言っていました^^


私、杉浦から、トイレトレーニングの効果的な進め方がもっとよくわかる
無料のメルマガをお送りしています。

こちらのリンクから今すぐお読みいただけます。
トイレトレーニングのNGワードや笑顔の子育ての極意もお伝えしていますので良かったらお読みください♪

「なるほど」「参考になった」という、あなたへ

「いいね!」やシェア、コメントお願いします。

あわせて読みたい~人気・おすすめ記事