トイレトレーニングは、トレパンか布パンツ、どっちがいいか?

こんにちは、おむつはずし専門保育士の杉浦です。

トイレトレーニングを始めるときには、

紙トレーニングパンツがいいのか?

布トレーニングパンツがいいのか?

それとも布パンツか迷うのではないでしょうか。


紙トレーニングパンツや布トレーニングパンツならまだいいけれど、

布パンツにするのは、親も勇気、覚悟が必要ですね。


それぞれの特徴を説明しますね。

紙トレーニングパンツ(紙トレパン)の特徴

紙トレーニングパンツは、吸水性に優れているのが特徴です。

オシッコを3~4回しても漏れませんが、

紙トレーニングパンツは吸収性が紙おむつほどないので、

おしっこ1回すると、かなりびっしょりと濡れてしまいます。

使い捨てができるので、紙オムツからの移行に戸惑うことも少ない、

というメリットがあります。

布トレーニングパンツ(布トレパン)の特徴


布トレーニングパンツには、防水シートがついていて、3層~6層まであります。

6層タイプは、かなり厚いので漏れにくい方ではありますが、
厚く履き心地はよいとはいえません。

また、乾きにくいので、使用するのにお母さんも苦労する事もあります。

メリットとして、子どもは、何でも「自分で」の時期には、とても興味を示し
このパンツはとても喜びます。

履いてすぐに脱ぎたがったり、履くのを嫌がるのは、
ゴムの感触が気になることが多いようです。

きつい。ごわごわ感。

布トレーニングパンツでも素材がそれぞれ違うので、

同じものを多めに用意するよりも、少なめに用意して、

履いたときの様子に合わせて購入していくのがよいでしょう。

布パンツの特徴

濡れます。もれます。

でも子どもにとって履き心地は1番です。

形、素材も様々で、履いた感覚はまるで違うので、

手に取って選ぶのがよいですね。

トレパンか布パンツ。どれがベストか?


履くのにも色々なパターンがありますね。

種類が多ければ多いほど、お母さんも迷います。

トレパンか布パンツ、どれがベストだろう?って。

ベストなものはありません。


お子さんとお母さんに合ったものがベスト。

あるとき、双子のお子さんに紙トレーニングパンツ、

布トレーニングパンツ、布パンツと、別の物を使ってトイレトレーニングしたところ、

違いがあまりないことがありました。

我が家のトイレトレーニングでは?


我が家で、産まれてからの使用したものは、

長女は、紙おむつ→布トレーニングパンツ→布パンツ

次女は、紙おむつ→紙トレーニングパンツ→布パンツ

でした。

同じ環境でも子どもによって使うものも違います。

次女は、紙トレーニングパンツの感触がいやではきたがりませんでした。

トレーニングパンツの方がトイレトレーニングが進むか?


トレーニングパンツにしたほうが、

トレーニングが進むのでないかとお考えの方が多いです。


しかし、トレーニングパンツは、あくまでもできるようになるためのものではなく、

オムツ以外の感触を知り、オムツ以外に排泄することで、

おしっこやうんちを意識、理解する第1ステップです。


子どもがおしっこやうんちを教えてくれるようになるのは、

「快適になりたい」からなのです。


「おまるやトイレでするほうが気持ちいい」と感じられるからなのです。


オムツだからトイレトレーニング遅く、

トレーニングパンツなら早く進むのではありません。

トレーニングパンツ、布パンツで、

お漏らしすることに緊張感や不安を味わってしまうと

本来、気持ちいい、快適な、おしっこやウンチをすること自体が

「いやなもの」になってしまいます。


どれにすればよいか迷った場合は、

まずは慣れたものから、

トイレやおまるに座ることから始めるとよいでしょう。

おしっこ、うんちをすることの快適さを体験することが、

子どもにとって一番です。


私、杉浦から、トイレトレーニングの効果的な進め方がもっとよくわかる
無料のメルマガをお送りしています。

こちらのリンクから今すぐお読みいただけます。
トイレトレーニングのNGワードや笑顔の子育ての極意もお伝えしていますので良かったらお読みください♪

「なるほど」「参考になった」という、あなたへ

「いいね!」やシェア、コメントお願いします。

あわせて読みたい~人気・おすすめ記事