トイレトレーニングでお漏らししても反省しない?

おむつはずし専門保育士の杉浦です。

お盆休みが終わりました。

小さな子どもたちが、浴衣を着て、

お墓参りをとても楽しみにしている姿を見て、

子どもの頃は、浴衣を着ることがワクワクして嬉しかったなと思い出しました。

トイレトレーニングで反省しない?子ども


今回は、「反省しない?子ども」について、お話したいと思います。

お漏らしやおねしょをしても、平気そうにしていて、

「この子は本当にわかっているのか?」

「なんとも感じないのか?」

そう、心配になったり、自分だけ頑張っているようで

腹立たしくなってきます。


このように悩むママさんは少なくありません。


<わかります。>

<私も同じ。>


きっと共感される方も多いのではないでしょうか?


子どもが平気そうに見える。


平気と思いますか?


けして平気ではないでしょう。

子どもは平気そうに見せている・・・


遊びに夢中になったり、楽しいことをしている時、

濡れてしまうことが、平気なお子さんはいません。

平気そうに見せてる。


子どもの精一杯の頑張りなのです。


大人だったら、何度も失敗をしてしまったとき、

「なんでできないんだろう」

「自分て駄目だ」と落ち込み、

自分を責めるでしょう。


子どもは、落ち込んだり、自分を責めることはしません・

それよりも、前に進もうとする力を持っているのです。


だから精一杯何事もなかったように見せたり、

笑おうとするのだと思います。


でも、気にしていないのではないのです。

「なんで出ちゃうんだろう」

「またお母さんが困ってる」と感じているのです。

保育園でオムツを投げた3歳のお子さん


昼寝時間が終わり、お昼寝から起きて、濡れたオムツを脱ぎ、

「おむつめ!」と投げた3歳のお子さんがいました。


「お漏らしするなんていやだ」と感じているのは、

子ども本人です。


「またお漏らしして」

「なんでできないの」と何度も聞いていると、

子どもは、もっともっと無理して頑張ってしまうのです。


「濡れてびっくりしたね」

「お母さんもパンツにしちゃったことあるからわかるよ」

「悔しいね」

子どもの気持ちに寄り添い、

気持ちを言葉にしてあげてみてください。


大人も、失敗したり落ち込んだりした時、

気持ちにより添ってもらったら、

「わかってくれる人がいる」

「自分を想ってくれる人がいる」と感じれることは、

励みになるように。


子どもも大人も同じです。

ちゃんと子どももわかっていますよ。


トイレに限らず、いろんな場面で、

同じように子どもはちゃんとわかっていますよ。


私、杉浦から、トイレトレーニングの効果的な進め方がもっとよくわかる
無料のメルマガをお送りしています。

こちらのリンクから今すぐお読みいただけます。
トイレトレーニングのNGワードや笑顔の子育ての極意もお伝えしていますので良かったらお読みください♪

「なるほど」「参考になった」という、あなたへ

「いいね!」やシェア、コメントお願いします。

あわせて読みたい~人気・おすすめ記事