トイレトレーニングが自立できる前に必要なこと


こんにちは、おむつはずし専門保育士の杉浦です。

今回は、トイレトレーニングを「もう少し大きな視点」で眺めたお話をいたします。

トイレトレーニングは身辺自立の一歩


オムツを卒業して、パンツで過ごすこと。

お箸を上手に使えるようになること、片付けの習慣など。

これらは、身辺の自立への一歩です。


「4月から幼稚園なんだから、ちゃんとしようね」

「こんなだらしないと女の子らしくないよ」と

子どもの将来を想い、子どものことを真剣に考えるからこそ

多少、キツク叱ることもあるでしょう。


親が真剣に教えているのに無視したり、

ふざけたりされるとイライラが爆発!

思わず手が出てしまったときは、

やりすぎた・・・と後になって後悔してしまうこともありますよね。

成長にあわせて進める以前に大事なこと


子どもの成長にあわせて、

トイレトレーニングなどの身辺の自立を進めてゆくことは、とても大切なこと。


でも、もっと大事なことがあるのです。


子どもの自立に欠かすことができないことです。


もちろん、子どもの成長の度合いにあわせて、

トイレなどの身辺の自立を親が教え、進めてゆくことは、とても大切なこと。

トイレトレーニングの自立と依存の関係


そして、もっと大事なことが、親への依存です。


親へ依存したら自立できないのでは?と思われるでしょう。


ついつい、もう4歳なんだから、

お兄ちゃんなんだから、と子どもの自立を進めたくなるのが親心です。

しかし、特に幼児期の子どもは、自立の前に親への依存が必要なんですね。


親に甘えたり、ダダをこねたり、泣きわめいたりすることで、

ストレスを発散しますし、心も安定してくるものです。

親とのかかわり、依存のなかで心が育っていくもの。


子どもは、甘え、わがままで当たり前。最初は、そういうもの。

いえ、むしろ、親に甘えられるのは、良好な親子関係の証拠。

言動は一丁前でも産まれてまだ数年・・・


3歳をすぎてくると、子どもの態度や言葉は一丁前。

親の言動への理解力も、かなりのものですよね。

「まだ3年しか生きてないんだよね」

ということを忘れてしまうこともあるかと思います。

ぜひ、ほんの3年前まで、あなたのお腹の中で、

あなたに100%守られていた目の前のお子さんの姿、

お子さんのこころを、見守ってあげてくださいね。


私、杉浦から、トイレトレーニングの効果的な進め方がもっとよくわかる
無料のメルマガをお送りしています。

こちらのリンクから今すぐお読みいただけます。
トイレトレーニングのNGワードや笑顔の子育ての極意もお伝えしていますので良かったらお読みください♪

「なるほど」「参考になった」という、あなたへ

「いいね!」やシェア、コメントお願いします。

あわせて読みたい~人気・おすすめ記事