4歳の女の子の夜のトイレトレーニングが完了した理由

こんにちは、おむつはずし専門保育士の杉浦です。

3月に入り、雪が降ることもありますが、

三寒四温という言葉どおり暖かく過ごしやすい日が続いています。

先日、幼稚園の桜の木の下で、男の子が桜のつぼみを見つけ、

「桜~早く咲いて!桜の蜜いっぱーい吸いたいからー」と

見上げながら桜の木に話しかけていました。

とても寒い日だったのですが、春が近くまで来ているなと感じ、

とてもあたたかい気持ちになりました。

桜の開花が待ち遠しいです(^_^)


親御さんからよくお受けするご相談の1つに

「夜のオムツがなかなか外れないです」という内容があります。

夜のオムツに限らず、オムツ卒業のヒントになれば・・・と、

オムツが外れる気配がなかった4歳の女の子

まったくオムツが外れる気配がなかった

4歳の女の子マユミちゃんが、

ある出来事を境にして、

1ヶ月でオムツが外れたお話をさせていただきますね。


マユミちゃんは、オムツを4年間もずっとつけていますから、

オムツにおしっこをしても大丈夫。

つまり「オムツが安心 = 子どもにとってかわいいパンツ」

という感覚になっていたのです。

オムツ=安心からの変化

安心できるから、寝るときになると「かわいいパンツをはく!」

こういってオムツをつけたがるんですね。


しかし、ある時です。

一緒にお泊りをするとき、

年下である我が家の2歳の娘が寝るときにも布パンツだったのを目撃したのです。

かなり、ショックを受けていたようです・・・。

「え? サツキちゃんは、かわいいパンツじゃないの?」って。

実は、マユミちゃんにとっての

かわいいパンツは「オムツ」でした。

でも本当のかわいいパンツは布パンツなんだ! とマユミちゃんは、

この時はじめて自分で気がついたのです。

4歳のマユミちゃんのオムツ卒業

その後、4歳のマユミちゃんがどうなったのか、もう、おわかりですよね。

1ヶ月後には 夜も完全にオムツが取れました。

今回、お伝えしたいのは、

4歳でオムツが外れる気配が全くなかったのにも関わらず、

子どもが自分から決心したことでオムツがすんなりと取れた、

ということなんです(^^)


この時、周囲の人が 気を付けなければいけないことは、

子どもに


「ほら、○○ちゃんはかわいいパンツはいてるよー」

「○○ちゃんは、トイレでおしっこできるんだよ」


など言ってはいけないということ。

子どもだって お友達を見ていますから ちゃんと分かっています。

これらの言葉は、子どものプライドを傷つけるだけ。


大切なのは、子ども自らが「かわいいパンツ = 布パンツ なんだ! 」

ということに気づかせてあげる環境に自然にもっていく。

そんな親のちょっとした配慮なのです(^-^)


私、杉浦から、トイレトレーニングの効果的な進め方がもっとよくわかる
無料のメルマガをお送りしています。

こちらのリンクから今すぐお読みいただけます。
トイレトレーニングのNGワードや笑顔の子育ての極意もお伝えしていますので良かったらお読みください♪

「なるほど」「参考になった」という、あなたへ

「いいね!」やシェア、コメントお願いします。

あわせて読みたい~人気・おすすめ記事