トイレトレーニングは言葉が大切です

こんにちは、保育士の杉浦です。


アジサイが咲きましたね。
私はアジサイを見ると、、


保育園のお部屋の壁に
アジサイとカエルと雨を作り、
飾ったことを思い出します。


毎月、壁面を飾ったのですが、


子どもたちが朝登園すると、
第一声で「あー変わったー」と
壁面を見上げるのです。

私は、その時の子どもの表情を
見るのが好きでした(^o^)


子どもたちが壁面を見て、
思い思いに想像を膨らませて
いるのがわかります。


時々、想像の中を
もっと広げたくなって、


自分で作ったものを
貼っている子どもがいて。

私は、「やったー!」と
ガッツポーズをしたい
気持ちになりました。

子どもの想像力って、
ピュアで限りなくて、
大好きです。

■トイレトレーニングは言葉が大切です


今日は、トイレトレーニングと
言葉の使い方についてです。


大切なことを1つだけ
覚えてくださいね。


それはなにか?


「言葉の使い方」によって、
私たち人の気持ちは、変わるということ。

あなたに質問です(^^)


ちょっとイメージしてみてください。


あなたが、お子さんと
お友達の家に遊びに行きました。


帰りがけバタバタしていて、
片付けがしてきたかどうか、
家に帰ってから、
心配になってしまいました。


「あれ?もしかして汚してきてしまったんじゃないかな。どうしよう」


そう心配になって、
お友達に連絡をしました。

「汚したまま帰ってきてしまったていたらごめんなさい。」


お友達から返事が帰ってきました。


あなたは、
どんな返事が帰ってきたら、
ホッとしますか?嬉しいですか?

A 「汚れてなかったですよ。」

B 「綺麗だったので安心してくださいね。」

なんだか、Bのほうが、
気持ちよくありませんか?(^^)

「汚れてない」と言ったとしても、
「汚れる」というコトバを使うことで、
汚れているイメージしてしまうと思います。


「なんだか悪いことをしちゃったなぁ」
という気持ちが、強く残ります。


でも、逆に「綺麗」と言われると、
綺麗なことが想像できて
ホッとしませんか?


綺麗にして帰れたという
満足感のような感じがします。


お子さんとのトイレトレーニングで。

子どもは、

言葉以上に、

言葉に込められている気持ちが伝わるので、

言葉を意識することって、
イメージをつくるので大切です。


では、どんな意識で言葉をかけることが
いいでしょう。


子どもが、おもらして汚してしまった場合、


「汚れたよ」「汚れたじゃない」と言った時と、


「きれいにしよう」と言った時の、
お子さんの気持ちを感じてみてください。


綺麗にしようという言葉を使った時のほうが、
いい気持ちしませんか。


あたかい言葉や気持ちを受けた安心感は、
子どもの心をより豊かにします。

特に排泄のことは、
汚したくて汚しているんじゃないですし、
デリケートな部分です。


お子さんには、よいイメージができる言葉、
ホッとする言葉で伝えてあげくださいね(^o^)


私、杉浦から、トイレトレーニングの効果的な進め方がもっとよくわかる
無料のメルマガをお送りしています。

こちらのリンクから今すぐお読みいただけます。
トイレトレーニングのNGワードや笑顔の子育ての極意もお伝えしていますので良かったらお読みください♪

「なるほど」「参考になった」という、あなたへ

「いいね!」やシェア、コメントお願いします。

あわせて読みたい~人気・おすすめ記事