「もう、ほっといて!」トイレトレーニングが苦痛

保育士の杉浦です。


今日は、暑くもなく、寒くもない気候で
気持ちの良い日ですね(^^)

この頃は、家電でも、スマホでも、
便利なものが溢れ、
ピッと押せばなんでもできる時代です。

しかし、育児は昔も今も変わらず。
楽な子育てはありません。

嬉しいとき、楽しい時はあるけれど、
つらいときもあり、考える時は
誰にでもあります。

私も子育て辛い時がありました。

主人の仕事が毎日忙しく、
頼れる親も、友達も近くにいない。

心の中で「誰か助けて!!」と
悲鳴をあげていた時期があります。

そんなときでも、
「まま、みてーみてー!」という長女。

長女の真似をして、
「まーま。てっ(見て)」
という次女。

ただ私に見てほしくて、
聞いてほしくて、
言っている二人なのに。


私を見続けて、
ずっと呼んでいる娘たちを、
「ただ見てあげる」ということすら、
できないときがありました。


忙しい主人や親には迷惑かけたくない。
友達には弱音を吐きたくない。


誰にも頼れずに苦しみが
ピークになった時…。

いつものように
長女の「みてー」の声がして…。


「また見てって!もうしらない!」と
顔を一瞬背けたのですが。


「まま、みて。」と
私の顔を覗き込むようにして、
長女が持ってきた一枚の絵。


ゆっくり、その絵に目を落とすと、
アンパンマンの絵が描かれていました。

アンパンマンは
大きく口を開けて
笑っていました。

娘がこんなに
ダイナミックに
絵を描いたのは初めてでした。

娘の成長と大きく描かれた
アンパンマンの顔から、
自信と幸せを感じました。


緊張で張り詰めていた糸が、
フッと緩んだのです。


「一人にしてほしい」と
思ってしまったけれど、


子どもには、大人のように
空気を読んだり、顔色をうかがったり、
してほしいわけじゃない。

子どもは、もっと見て欲しい気持ちを、
一生懸命に向けてきているのに。

何を拒んでいたんだろう。


子どもの大事な気持ちを
どうして避けようとしていたんだろう、
と思いました。


望んで産まれた大事な子。


「まま!だいすき」と言ってくれて、
私を求めてくれる子。


日々成長し、自立していく
娘たちと一緒にいられる、
今しかない時間。

もっと子どもの姿を見ていこう。

自然にそう思うことができました。

子育てをしていると
自分の感情と葛藤することがあるでしょう。

自分にもこんな感情があったと
意外な自分の感情にも
びっくりすることがあります。

自分の感情を沢山感じ、
自分の感情を沢山知ることができること。


それは必ず自分の自信、
生きる喜びになっていきます。

10年以上、トイレトレーニング方法を
お伝えしていると、


トイレトレーニング中のお母さんから
沢山のメールをいただきます。


「辛い」
「苦しい」
「悲しい」
「イライラする」


お母さんは、色々な思いで毎日、頑張っています。


「なんでこんな思いを私だけしなくちゃいけないの!」


周りの笑顔が
うらやましく感じる
こともあるでしょう。

でも、このメールを見てくださいね。


私の講座を受講されたYさんからのメールです。

☆~☆~☆~☆~☆~☆

はじめまして。

どうやらおむつがとれました。


息子は3歳2ヶ月、日中の自宅はお漏らししても無理に布パンツ、外出と夜はおむつの生活でした。

ぬれた洋服の洗濯でストレスはたまるし、周りはどんどんパンツになって行くし焦ってイライラしていました。

春から幼稚園なのにどうしようと。


息子はうんちをしたくなると「うんちでるからおむつ!!!」という状態でした。
それと「散歩行くからおむつ付けていく」と。


うんちのおむつは替えるのを嫌がるので「臭い臭い、ばっちいよ~」
「もう!イヤならずっとウンチ付けてなよ。あ~臭い」とか普通に言ってました。


お漏らししては子供に「あっち行ってて」とイライラしながら掃除をして。悪循環でした。

でも子供の心理とかちょっとヒントをもらえたお陰で子供の立場で考えられる様になって、なるべく楽しくトイレをさせてあげようと思えて、

「おー元気なおしっこでた~ばいばい!」「おしっこおやすみ、また明日の朝くるね」と言ってみると子供も楽しそうにおしっこできる様になりました。

そして驚く事に次の日「ウンチでそうだからトイレ行く」と言い出して
見事にウンチ出来たのです。

も~まるで初めて寝返りした時、立った時みたいに嬉しかったです。


子供も嬉しそうで、なんだか誇らしげでした(笑)
それから3日連続でウンチ出来ています。

これからまだ失敗する事があったとしても、前の様に怒ったりせず過ごす事ができそうです。


今は子供とのふれあいもとても楽しく、何より本当に息子が可愛くて愛おしいです。

常に子供の気持ちも考えられるようになった気がします。
本当にありがとうございました。

トイレトレーニングを通して、子育てで大切なことを沢山学ぶことができ、
トイレトレーニングの苦労は私の誇り、自信です^^

☆~☆~☆~☆~☆~☆


Yさんメールをありがとうございました!!

Yさんは、息子さんのトイレトレーニングを始めてから、
息子さんとの関係がぎくしゃくしてしまいます。


高齢出産でやっと授かった
いとしい我が子を怒ってしまう毎日。


「違う。ほんとうはこんなんじゃない。」と、


辛くて苦しくて
わらにもすがりたい思いで
過ごしていました。

その時期を乗り越えたからこその、
喜びや自信があります。

そして何よりも、
息子さんとの関係が以前よりも
もっとよくなっていったのです。

今までで一番苦しく辛かった
トイレトレーニング。

今ではその時期があるからこそ、
わかったことが沢山ある。


トイレトレーニングがあって良かった!
と思っているYさんでした(^^)/


Yさん、ありがとうございます!


私、杉浦から、トイレトレーニングの効果的な進め方がもっとよくわかる
無料のメルマガをお送りしています。

こちらのリンクから今すぐお読みいただけます。
トイレトレーニングのNGワードや笑顔の子育ての極意もお伝えしていますので良かったらお読みください♪

「なるほど」「参考になった」という、あなたへ

「いいね!」やシェア、コメントお願いします。

あわせて読みたい~人気・おすすめ記事